こんにちは!HAJIMAです!

最近、芸能人の薬物汚染の噂が後を絶ちませんね。

やはり、お金と名誉と地位があると、あらぬ方向に走ってしまうのかな~

なんて思ってしまいます。

 

少し前のことにはなりますが、清原和博選手が逮捕されたのは記憶に新しく、衝撃的な事件でしたよね。

そのときに、薬物依存からの回復を目的とする「館山ダルク」の代表である十枝晃太郎さんが

清原さんの身元引受人として名乗りを上げたことで話題になりました。

 

そんな十枝晃太郎さんはいったいどんな人物なのか

調査してみたいと思います。

スポンサードリンク

十枝晃太郎(館山ダルク)のwikiや経歴、年齢は?

十枝晃太郎(とえだこうたろう)さんは、館山ダルクという

薬物依存の回復を目的とする施設の代表を務めています。

1970年生まれで現在46歳になる方です。

 

高校入学後、不良の仲間と仲良くなり結局高校は卒業できずに中退してしまいます。

その後19歳で薬を始めてしまいます。

そして23歳とのきに薬が原因で逮捕されてしまいますが

その後も依存症から抜け出すことが出来ず、

 

2000年にDJ修行という理由を付け渡米したのですが

実際には、薬物の使用が目的であり、依存症から抜け出せず

体重が35Kgまで激減してしまっていたんだとか。

 

そんな大変な状態になってしまっていた十枝晃太郎さんは

日本に帰国するのを大変嫌がり、全力で拒否したそうです。

 

しかし、そんな瀕死の晃太郎さんを必死の思いでアメリカから連れ戻したのは

他でもない、母親の千葉マリアさんでした。

 

そしてその後決死の思いで依存症から抜け出す治療を行い

見事社会復帰を果たすことができました。

 

なかなか依存症を克服するには

かなりの根気や忍耐力などの精神力が必要になります。

 

そのなかできちんと社会復帰を果たしたというのは素晴らしいことですよね。

 

社会復帰を果たしたあとには、自身の経験を生かして

館山ダルクの代表となり、自身と同じように依存症で苦しんでいる方の助けとなっているようです。

スポンサードリンク

十枝晃太郎さんの父親は?母親は千葉マリア!

千葉マリアさんはもともと、歌手・タレントとして活動していましたが

俳優の松方弘樹さんとの愛人関係や隠し子などがいることが発覚し、芸能界から姿を消していました。

ちなみに、その隠し子というのは、十枝晃太郎さんの弟にあたる十枝真沙史さんという方だということが分かっています。

 

十枝晃太郎さんの父親は松方弘樹さんではなく

歌手としてデビューする前に、結婚していた5歳年上の新聞記者だったようです。

 

千葉マリアさんが21歳のときに、長男である十枝晃太郎さんを出産しています。

しかし、夫はギャンブルに明け暮れ、生活費なども賭け事に費やしてしまい

生活は困窮していたようです。

 

結局、その夫とは早々に離婚をすることになってしまった千葉マリアさんですが

歌手としてデビューするときには、離婚歴があることや子供が居ることは隠していたようですね。

 

歌手として芸能界デビューしながら、子供をいることを隠し働く生活だったために

もしかしたら十枝晃太郎さんにかかる負担は大きかったのかも知れませんね。

 

しかも14歳という思春期の時代に、松方弘樹さんとの隠し子が生まれ

さまざまな複雑な思いもあったのではないでしょうか?

 

シングルマザーで子供を育てるということは、とても大変なことだと思います。

 

十枝晃太郎さんも、さまざまな心の負担が重なって、

何かに依存しないと生きていけない状態になってしまっていたのかも知れませんね。

スポンサードリンク

館山ダルクってどんな施設?

館山ダルクは、十枝晃太郎さんが代表を務めている施設で

様々な依存症を克服するためのリハビリ施設としての役割を果たしています。

 

こちらは男性のための施設であり

女性のための施設は母親の千葉マリアさんが代表を務めており

「サーズ千葉」といいます。

 

さまざまな依存はどうしても繰り返してしまったり、

いったん依存症を治ったとしても、再度また同じ過ちを繰り返してしまったりして

自分一人だけでは、克服することが難しいものです。

 

やはり本人のそれ相応の覚悟も必要ですが、周囲のサポートがかなり大事になってくると言われています。

そんな中で、一緒に依存症を克服するために親身になって頑張ってくれる方がいるというのは

かなり心強いですよね。

 

十枝晃太郎さんはあの有名な「清原和博」さんの身元引受人に名乗り出たこともあったんだそう。

 

いろいろあった十枝晃太郎さんと千葉マリアさん親子ですが

二人で手を取り合って、同じ方向に向かって親子で頑張っている姿は

とても応援したくなりますね。

 

とても素晴らしい活動だと思うので、ぜひぜひこれからも頑張って頂き

依存症の方をたくさん立ちなおらせていただきたいものですね。

スポンサーリンク