こんにちわ!HAJIMAです!

未確認生命体っていう言葉を聞くと、年甲斐もなくワクワクしてしまう管理人です。

UMAとかUFOとか、TVで特集する度に気になって調べてしまいます。

本当にいるのかということは置いておいて、なんだかロマンさえ感じてしまう存在だと思いませんか?

 

そんなUMA好きなら一度は効いたことがある未確認生命体「スキンウォーカー」

スキンウォーカー・プロジェクトという映画のモデルにもなったUMAですが

 

一度見たらちょっと忘れられないインパクトがあります。

今回はそんな「スキンウォーカー」について調査していきたいと思います。

スポンサードリンク

スキンウォーカーのwikiや出現場所は?

UMA好きの間ではとっても有名なスキンウォーカーですが

なぜかwikiがないんですよね~(´;ω;`)

英語のskin walkerのwikiはあるんですが、いかんせん全て英語っていう…

 

スキンウォーカーはネイティブアメリカンの伝承に出てくる

「獣の皮を被って歩くもの」と言われる謎の怪物の事を指します。

 

2007年にナバホ・ネイションというアメリカにある、ナバホ族の準自治領で

スキンウォーカーとおぼしき写真が撮影されています。

 

2mほどの体長で、手足が異常に長く、背中が異常に直角に曲がっている。

人型だけれども明らかに人ではない、謎の生命体でした。

 

ナバホ族は、ネイティブアメリカンなので、古くからの言い伝えにある

普段は人間のふりをしている、獣の皮を被った化け物である「スカイウォーカー」

が出現した!!と大変話題になったんだそうです。

 

ちなみにスキンウォーカーは、同じくアメリカの

ルイジアナ州のモーガン市近郊でも目撃情報が寄せられており、

偶然その場にいた鹿ハンターによってもその姿が撮影されています。

 

またアメリカ、ユタ州には通称「スキンウォーカー・ランチ」と言われる

UFOやUMAなどが多く目撃される1.9平方キロメートル程度の大きな土地があるんだそう。

 

こちらの土地はネイティブアメリカンなどが、スキンウォーカーが通る道だったとして

とっても恐れている呪われた土地なんだそうです。

 

オカルト好きにとっては、とってもロマンのある話ですね~(笑)

スポンサードリンク

スキンウォーカーの画像・画像は?

そんなスキンウォーカーの画像や動画が気になっちゃいますよね!!

その動画はこちら!!

残念ながら実際に動いている動画ではないですが

地元のニュース番組でも取り上げられたくらい有名ってことですね。

 

それにしても、目が大きくギラギラ光っていて

口が大きくこっちを威嚇しているように見えるその姿はかなりインパクトがありますね。

 

っていうかめっちゃ怖い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

画像を見る限りでは、やはり手足が異常に細くて長く

髪の毛や体毛のようなものが見当たらないのがまた不気味ですね。

人のようでいて、明らかに人ではないところがまたとっても怖い|д゚)

 

ちなみに、この写真は鹿狩りのハンターが仕掛けた定点カメラによって撮影された説と

鹿ハンターがこの生物の写真を実際に撮影し、映したカメラを、スキンウォーカーらしき生き物にひったくられて

SDカードだけを後で見つけたという説があるようですが

 

いったいどっちが本当なんでしょうね??

 

でも後者の場合は、実際にスキンウォーカーに接触しているということで

そのまま森の中とかに引きずられて行って帰らぬ人にならなくて良かったですよね~

 

なんか画像からは人とかも食べちゃいそうな勢いありますもんね。

 

なんだか色々ちょっと出来過ぎた話のような気がしてなりませんが…

 

そもそもカメラからSDカードなんてそうそう落ちないような気がしますし

スキンウォーカーの画像もなんだか異常に目が光り過ぎて合成のような気がしないでもない…ゴホンゴホン…

 

そこは未確認生命体のロマンということで目をつぶりましょう!!

スポンサードリンク

HAJIまとめ

いやあ~UMAって色々と夢がありますね。

特にネイティブアメリカンにもともと伝わる伝承に基づくUMAとかちょっとワクワクしちゃいますね。

 

そんなことをいいつつ、いつも写真を合成なんじゃないかとか

斜めからしか見れないひねくれものの管理人ですが…

 

いつか、UFOとかUMAとか実際にこの目で見てみたいな~

と願わずにはいられない管理人でした。

 

でもやっぱりあに画像のようなスカイウォーカーにはちょっと会いたくないですね(笑)

 

ここまで読んで下さりどうもありがとうございました!

スポンサーリンク