こんにちわ!HAJIMAです!

 

突然ですが皆さん「ニート」という言葉を聞いて

どんな印象を受けますか?

 

管理人は、学生時代から20代の頃は有名な会社に就職して

できれば公務員になって、安定した職業について生活するのが

一番幸せな道なんだと思い込んでいて

とにかくがむしゃらに働いていました。

 

そんな訳で社会のために頑張って貢献し、働いて行くことが

絶対的に正しいと思っていたので「ニート」と呼ばれる方々を毛嫌いして

正直ちょっと見下している部分がありました。

 

30代になり、夜勤もこなしながらバリバリ働きすぎたツケが回ってきたのか

体調を崩すことが多くなり、頑張らなきゃと思う反面

毎日「会社辞めたい」「自由になりたい」

と思いながら、重たい身体を引きずって会社に行っていました。

会社が嫌でしょうがなくなり、あんなに軽蔑していた

「ニート」が心底羨ましいと思うようになっていました。

 

人生は1回きりしかないので

やりたくもない仕事に人生の多くの時間を搾取されるより

「ニート」とバカにされても

自由に自分のやりたいことをやる方が勝ち組なんじゃないかと

思うようになりました。

まあ、やりたいことを仕事に出来ればそれが一番いいんでしょうけどね!

 

そんな 「ニート」のカリスマ的存在である「日本一有名なニート」 の異名を誇る

phaさんこと荒川友則さんが今回ノンフィクションで取り上げられるということで

どんな方なのかめちゃくちゃ気になったので調査してみることにしました!

 

同じノンフィクションで取り上げられる小林銅蟲さんについての記事もどうぞ!

 

小林銅蟲の経歴や現在は?彼女はいる?アシスタントになった漫画家は誰?

スポンサードリンク

pha(荒川友則)の経歴プロフィール

phaさんの本名は荒川友則さん

1978年生まれの38歳

大阪府大阪市生まれで

大阪府立大手前高校を卒業後に

京都大学総合人間学部に入学しています。

 

ここまでの経歴をみると

ニートとは信じられないくらいめちゃめちゃ頭がよく

エリート街道を突っ走っているような感じですよね。

 

いったいかの有名な一流大学である京大を卒業しておきながら

なぜ「ニート」の道を選択したんでしょう?

 

そのきっかけは 京都大学時代に熊野寮に入寮した ことだったんだとか。

 

京都大学の熊野寮は「大学に行きたくない」とか「仕事がしたくない」

という人が多くいて、

 

毎日学校に行かず、バイトもせずダラダラ過ごしたり

麻雀やゲームなど好きなことをして過ごしている仲間が多かったんだとか。

 

管理人のような京都大学に入れるような頭脳がビタ一文ない一般ピーポーからしたら

せっかくエリート中のエリートの京都大学に入ったのに、

なぜ学校に行かなくなるのか、不思議でしょうがないのですが

もともとphaさんは京都大学に入りたい!!と思ってガリガリ勉強したのではなく

受験勉強を始めたら、ゲーム感覚で点数を上げていくのが面白くなり

いつの間にか京都大学に入っていたという

いわゆる天才的な人なんです。

 

勉強してもしても、全く大学に入れなかった管理人とは全く異なる人種です(;´Д`)

スポンサードリンク

そして結構京都大学の熊野寮は代々ちょっと変わった方々が入寮することが多いのだとか。

 

もともとあまり大学生活にやる気を感じていなかったphaさんは

その熊野寮の仲間に影響を受けたこともあり、

大学を2年間休学し、2003年の24歳のときにやっと京都大学を卒業。

 

大学を卒業後は某国立大学の職員として働き始めますが

働くことへの疑問は消える事なく

4年後の2007年に大学職員を退職し晴れてスーパーニートへの道を歩みだします。

 

その後2008年に「ギーグハウスプロジェクト」というシェアハウスを作るプロジェクトを

発起人として始め、日本一有名なニートとして本を出版したりTVに出演したりなどして

注目を集めます。

 

基本的に、 「働きたくない、家族を持たない、お金に縛られたくない」 がモットーで

家族を持たずに、かつ寂しくない過ごすにはどうしたらいいか

を考え尽くした結果、 「ギーグハウスプロジェクト」 を思い立ったんだそう。

 

何だかとっても面白い経歴の持ち主ですよね!

 

phaさんの現在は?

今回は「ノンフィクション」でphaさんの現在を追いかけるようなのですが

phaさんは以前仲間とともに「ギークハウス」で暮らしていましたが

現在は浅草に近い都心のビルに引っ越して

NUITO(ヌイト)というバンドのメンバーである

「ひらう」さんこと平井慶一郎さんと一緒に暮らしているようです。

 

ギーグハウスの運営は相変わらず続けていて

働けない人やお金のない人が一緒に暮らしていけるようなコミニュティを作ったり

少しでも生活の足しになるようバイトを斡旋したりといった活動も行っているようです。

 

新居は大分快適なようで、かなりゆっくり眠れるし体が楽だとブログに綴っていました。

 

将来的には少しずつ物件を増やしていって

自分たちの街みたいなものが作れたら面白いと

さらに新しい新企画も模索中のようです。

スポンサードリンク

phaの現在の年収や印税はいくらくらいなの?

スーパーニートと言われているphaさん。

いったいどのくらいの年収を稼いで定職に就かない

ニート生活を送っているのかも気になりますよね。

 

phaさんの収入は

・ブログでの収入

・本の印税

・バイト(プログラミングやインターネット放送をチェックする仕事など)

・ギーグハウスなどのシェアハウス経営

などなんだそう

 

ブログの収入というと、管理人はかの有名なブロガー「イケダハヤト」さんを

思い浮かべてしまうのですが

phaさんは、あまりガツガツとブログで稼ぎたいと言った感じではなく

生活に必要な最低限の収入があればいいそう。

あまりお金にも執着がない方のようですね。

 

ブログでの収入がどれくらいあるかははっきりわかりませんが

以前TVに出演していたときに

年収は100万くらいと言っていたようです。

 

現在もおそらくそのくらいの年収なのだと思います。

 

ただphaさんはたくさん本を出版しており、結構その本が売れているようなので

その印税が結構入ってきているようです。

 

本の印税はだいたい定価の10%なので

1000円くらいの本を1万部売ってだいたい100万円ほどでしょうか?

 

phaさんの本が正確にどれくらい売れているかが分からないのですが

たくさん本を出していますし

贅沢しなければ生活できるくらいの印税は貰っているのだと思います。

 

ギーグハウスに関しては、phaさんも利益重視では経営していないと思うので

もしかしたらほとんど利益はないのかも知れないですね。

 

基本的にphaさんは「お金に縛られない生活をしたい」ということなので

あまり収入にはこだわっていなそうですね。

 

そんな生き方もカッコイイなと思います。

 

phaの彼女はいる?

そんな自由な生き方をしているphaさん。

彼女はいるのかな~と気になったので調査してみましたが

彼女の匂いは全くしませんでしたね(;´Д`)

 

っていうかシェアハウスに住んでいるとなかなか彼女は作りにくいのではないでしょうか。

彼女が出来たことを理由にシェアハウスを出ていく方も多いようですが

 

今回phaさんがシェアハウスを出て暮らし始めたのは彼女が原因ではなさそうです。

事実、男性と一緒にまた暮らし始めていますからね(笑)

 

絶対に彼女がいないとは言い切れませんが

おそらくいないんじゃないかな~と思います。

基本的に家族を持たない暮らしを提唱しているphaさんなので

おそらく結婚願望もないんでしょうね。

 

管理人は家庭があり子供がいます。

子供はとってもカワイイですが

時々息苦しく、独身で自由奔放に暮らしている友人を羨ましいと感じることもあります。

 

なのでphaさんに生き方はそれはそれで自由で自分らしい

かっこいい生き方なんじゃないかな~って思います。

 

終わりに

現在の若者は、以前のように会社に一生尽くすのが素晴らしいと

思っている若者は少なく

phaさんの生き方に共感する方も多いのではないでしょうか。

 

色んな価値観があり、それぞれの自由意志にそって

面白おかしく、楽しく、自由に暮らしていけばいいと思います。

 

守るべき家族を持つのもよし

何にも縛られず、自由に生きるのもよし

 

さまざまな価値観が受け入れられる時代になってきているんだな~としみじみ感じます。

 

どっちにしても生きていくのは大変なことですが

一回しかない人生、自分の思う通りに後悔のないように

生きていきたいな~とphaさんの生き方を見て感じました。

 

ここまで読んで下さりありがとうございました!!!

スポンサーリンク