こんにちわ!HAJIMAです!

突然ですが、サッカー選手ってイケメンが多いですよね!

サッカー選手に限ったことではないし、野球選手にもイケメンは多いですが

サッカー選手は野球選手とはまた違った、ちょっとチャラっとしたイメージがあります💦

 

今回の「ナカイの窓」は師匠と弟子スペシャルということで

ガンバ大阪やヴェルディ川崎で活躍した元サッカー選手の本並健治さんが

丸山桂里奈さんと一緒に登場します。

 

何でも女子サッカー界には選手と監督は二人にならないようにするとか

色々なルールがあるそうで気になりますね!

 

そんな本並健治さんの素顔に迫っていきたいと思います。

スポンサードリンク

本並健治プロフィール

出典:https://www.caspo.jp/profile/honnami_kenji/

本並健治さんは1964年生まれで現在52歳

写真を見る限り、52歳とは思えないくらい若々しいですね!

大阪府枚方市出身で大阪商業大学卒業後、松下電器産業サッカー部に入団。

松下電器産業サッカーはガンバ大阪の前身になったクラブですね。

その後 1992年から6年間ガンバ大阪でゴールキーパーとして活躍

その後試合中に相手選手との接触により

腎臓破裂の重症 を負います。

 

その後懸命のリハビリのかいもあって

奇跡的な回復を遂げ、再びゴールキーパーとして活躍。

しかし怪我も影響や当時の監督であった、

ヨジップ・クゼ監督と確執もあったためか出場機会が激減。

 

そのため1997年にヴェルディ川崎に移籍し2002年に引退

引退後はサッカーの解説者やリポーターとしてTVで活躍し

2012年から2016年までなでしこリーグのスペランツァFC大阪高槻の監督を務めて いました。

スポンサードリンク

本並健治の結婚や息子や妻は?

本並健治さんは松下電器時代の1991年に現在の妻である「美千代」さんと結婚されています。

1991年というと26歳くらいのときですね。

 

結構若くして早く結婚したんですね!

結婚した2年後の1993年に長男である息子の祐斗くん が産まれています。

1993年生まれということは現在23歳くらいですね!

 

とても23歳の息子がいるとは思えないほど若いですね~

 

もしかして息子もサッカー選手??

と思ったのですがどうやら違うようで

一般の方みたいですね。

 

本並健治のハーフの噂は?

本並健治さん、結構濃ゆい顔立ちをした

堀の深いイケメンなので

ハーフではないかとが多々あったそうです。

 

しかし両親や本人ともに正真正銘な純粋な日本人なんだそうですよ!

 

まあそれだけイケメンということなんでしょうが

ハーフでもないのに何度もハーフに間違われるって

ちょっと複雑な気分でしょうね(笑)

でも本当に見た感じ、イタリア人と間違われてもおかしくないような感じもしますよね!

 

もしかして息子さんもこんな感じの堀の深いイケメンなんでしょうか?

息子さんのお顔も気になっちゃいますね!

もしかして息子さんもハーフに間違われているかもしれないですね!

 

本並健治の現在は?

本並健治さんは2012年から2016年まで

なでしこリーグのスペランツァFC大阪高槻の監督を務めていました。

2016年に監督を辞め

現在は県立白井高等学校のサッカー部

ゴールキーパーコーチとして活躍しているようです。

 

今年の県立白井高等学校のサッカー部の躍進に

期待ですね!!

スポンサードリンク

本並健治と丸山桂里奈との関係は?

今回「ナカイの窓」に師匠と弟子ということで

一緒に登場する丸山桂里奈さん。

 

なでしこジャパンで活躍した選手なので

ご存知の方も多いですよね!

 

本並健治さんは前述した通り2012年から2016年まで

スペランツァFC大阪高槻の監督をしていて

ちょうど同じ時期に丸山桂里奈選手がスペランツァFC大阪高槻に移籍してきたので

ちょうど監督と選手として関わっていたということですね。

 

しかし、なにやら「監督と選手は一緒のエレベーターに乗らない」

「仲が良くない選手にはパスを出さない」

など謎の女子サッカーのルールがあるそう。

なんだか女子サッカーもドロドロした女の闘いがあるのかな…

 

ちょっと気になっちゃいますね~!

 

まあいくらイケメンとはいえ52歳ですし、妻や子供もいて

選手と怪しい関係になったりはしないと思いますが

何やら色々事情があるんでしょうか?

 

今晩のナカイの窓が気になっちゃいますね!

 

終わりに

とても52歳とは思えないくらい若々しくて、ダンディーな魅力のある本並健治さん

現在は高校でサッカーを教えているということで

ぜひぜひ監督として力を発揮し

サッカー高校生を優勝へ導いて欲しいと思います。

スポンサーリンク