こんにちわ!HAJIMAです!

連日暑い日々が続いていますね。

夜も寝苦しくて目を覚ましてしまいました。

 

これからますます暑くなりそうで、戦々恐々としております。

ところで、毎日電車通勤をしていらっしゃる方は、ホームに電車が来た時の音楽は

毎日嫌というほど耳にしていますよね。

 

毎日の満員電車の通勤を思い出すからあまり聞きたくないという方も多いかも知れません。

 

でも、その駅ごとに違う音楽が流れる、通称「駅メロ」は

その地域の駅ごとの特徴があって面白いですよね!

 

この 駅メロを聞いただけで「耳コピ」出来ちゃう方 がいるんです。

ちなみに「耳コピ」とは音楽を耳で聞いてすぐに演奏を再現したり、譜面に起こしたりできる能力を指します。

音楽大学なんかでは試験なんかでも利用されたりするようです。

 

管理人のように音楽に疎い人間からしたら凄まじい能力のように思います。

 

この「耳コピ」の能力を生かして一躍有名人になった方がいます。

その方が今回ご紹介する松澤健さんです。

松澤健さんはその「耳コピ」の能力を生かして普段何気なく聞いている「駅メロ」や昔懐かしのゲーム音楽なんかを再現し注目を浴びました。

そんな気になる人物である松澤健さんとはどんな人物なのか

経歴年収妻や子供がいるのかどうかについても気になったので調査してみることにしました。

それではれっつらご~~!!!

スポンサードリンク

松澤健の経歴やプロフィールは?

出典:Twitter.com

松澤健さんは1982年生まれの34歳。

神奈川平塚市出身です。

Twitterから察するに、現在は東京中野区にお住まいのようです。

 

大学は横浜国立大学大学院工学府を卒業しています。

 

父親が英語の参考書でヒットを飛ばした「英語耳」の著者である松澤喜好さんということもあってか

耳で聞いて何かを再現するのが好きで得意だったよう。

 

松澤健さんの場合は、小さい子供のときによくある電子ピアノを

プレゼントで貰ったことがきっかけで、音楽の楽しさに目覚めたんだとか。

 

松澤健さんは小さい頃から音楽に触れていたことで、音楽が好きになり

高校の時には電子ピアノやシンセサイザーを開発するという分野に興味を持ち

大学は音大などではなく工学部の分野へ進みました。

 

その後さらに音の開発に関わりたいということで大学卒業後は大学院に進学し

音の研究に励みます。

 

管理人はまったく「耳コピ」の才能はないですが

電子ピアノはとっても大好きで

よく色々な音楽を再生しては、その曲を練習したりしていました。

またゲーム音楽も大好きだったので

ゲーム音楽をピアノで再現しようと躍起になっていたのを覚えています。

スポンサードリンク

もともとゲーム音楽などを「耳コピ」するのが大好きだった松澤健さんは

2000年の高校生だったときから、駅などで流れる「駅メロ」に興味を持ち始め

それぞれの駅で流れる「駅メロ」を耳コピするという遊びにハマり始めました。

 

少しずつその「駅メロ」の完コピをピアノで再現するという遊びをしているうちに

段々「駅メロ」のレパートリーが増えていき、それを演奏している動画を

ニコニコ動画やYouTubeにアップするなどして徐々に知名度がアップしていきます。

 

動画の再生回数も日増しに増えていき鉄道好きの間でも話題となり

「JR東日本駅発車メドレー」という、東日本のJRの駅で流れる駅メロをメドレーにして

松澤健さんが演奏している動画がじわじわと人気を博し

なんと

100万回を超える再生回数に!!!

 

この動画は約10年前に投稿された動画ですが

現在では300万回を超える再生回数になっています。

すごいですね~!

 

1回聞くとちょっと癖になってしまい何度か聞きたくなってしまいます。

鉄道ファンからしたらたまらないでしょうね~

 

なんと、この動画の爆発的ヒットにより「鉄のバイエル」という本まで出版してしまいます。

こちらの本では、動画で演奏している 「JR東日本の鉄道の発車音メドレー」 を楽譜にしちゃってるみたいですよ。

なんというか発想が面白いですよね~

 

そして本の出版や動画がとても話題になったことで「駅メロ耳コピの人」として「いいとも」や「ありえへん∞世界」などなどTV番組にも出演するようになり、小倉智昭のラジオサーキットなどのラジオ番組にも出演するようになり、世間の認知度もあがりました。

今の若い人にはあまりなじみがないかも知れませんが、30代には昔懐かしの伝説のゲーム機器であるファミコン風に駅メロをアレンジした「ファミコン駅メロ」を2010年に携帯電話の着うたとして配信しています。

携帯電話の着うたとか、スマホが普及した今となってはちょっと懐かしいですね。

また2011年にはファミコンの実機を使って音楽を演奏しようという

常人には良く分からない発想で「NESBAND」というバンドを組み

ライブ活動も行っていたよう。

 

マツケン先生の愛称でも親しまれているみたいですよ。

 

なんだか独特でとっても面白い方ですよね。

 

 

そして大学院卒業後はかの有名な音楽分野での一流企業である「ヤマハ」へ就職しています。

スポンサードリンク

松澤健さんの年収はいくらくらい?

出典:Twitter.com

そんな松澤健さんの年収はいくらくらい稼いでいるのかも気になっちゃいますよね。

基本的には大手企業の「ヤマハ」に勤めていて、その合間にマツケン先生として

NESBANDとしての活動やバンド活動などを行っているのだと思います。

 

基本的なヤマハの会社員としての 年収は700~800万円くらい というデーターがあります。

いち会社員としては、結構な高給取りといえるのではないでしょうか?

 

勤務年数などによって給料は変わってくると思いますが、松澤健さんは34歳という事で

きっと中堅社員という扱いなので大体予想ではありますが

会社員としての年収はだいたい750万円くらい と予想できます。

 

またそれ以外でも

  • YouTuberとしての収入
  • バンド活動での収入
  • 本出版による収入
  • TVやラジオなどに出演することでの収入

などなど音楽活動による収入もあることから

もしかしたら会社員の給料も合わせると年収800~900万円くらいはいくのかも知れませんね。

 

あくまで管理人の予測でしかないので、マツケン先生違ったらごめんなさい!!

 

一流企業に勤めながら、趣味による収入もあるとはなんとも羨ましい限りです(;´Д`)

 

マツケン先生の動画は?

かの有名な「JR東日本の駅発車メロディメドレー」の動画をあげておきます。

 

なんだか不思議とノスタルジックな気分になりますね!

何度も聞きたくなるメロディーです。

まず駅メロを耳コピしてみようという発想が斬新で面白いですよね。

スポンサードリンク

松澤健さんの妻や子供は?

おそらく一般の方よりは、年収を多く稼いでいると思われる松澤健さん。

34歳という年齢を考えると、結婚していたり

ある程度の年齢の子供がいたりしてもおかしくないですよね。

 

メディアにも出ていて、知名度もあるので

世の中の女性が放っておかない気もしますが…

 

松澤健さんのTwitterなどを覗いてみたのですが

奥さんや子供さんなどがいるようなツイートは一切ありませんでした。

 

おそらくですが独身なんだと思われます…

もしかしたら公のTwitterには出さないだけなのかな?

 

でもかなり趣味に生きてる感満載なTwitterだったので

もしかしたら結婚するよりも、好きな音楽活動をしている方が

楽しいのかも知れませんね。

 

でも松澤健さんの子供さんが出来たら、色々なゲーム音楽を

耳コピしてくれそうで、子供さんからは喜ばれそうですよね(笑)

 

松澤健さんまとめ

  • 松澤健さんはさまざまな音楽を耳コピ出来ちゃうすごい人
  • さまざまな駅の発車音を耳コピしてYouTubeに上げた動画が トータル300万回以上再生 されている
  • ヤマハで働く傍ら、 NESBANDとしてファミコン実機で演奏をする というちょっと変わった活動もしている
  • 大手企業のヤマハと趣味の活動を合わせて、 年収は800~900万くらいいっている?(あくまで管理人予想)

松澤健さんの経歴を調査していて、小さい頃ファミコンのRPGに夢中になって

分からないながらも一生懸命ゲーム音楽をピアノで弾こうとしていた子供時代を思い出しました。

やっぱり好きな事を仕事にできるって素晴らしいですよね。

 

機会があればNESBANDのライブ活動を聞きに行ったりしてみたいです。

これからも応援しています!

スポンサーリンク