こんにちわ!HAJIMAです!

今日は気温が上がって、とっても過ごしやすい日でしたね!

三連休の最終日にふさわしく、お出かけ日和でした。

もう桜も咲きそうな、春が来たなあと感じる今日このごろです。

 

今日は石原慎太郎元都知事の証人喚問がありましたね!

私はリアルタイムでTVをみていたのですが、結構衝撃的な内容でした!

そんな石原元都知事の証人喚問での脳梗塞発言についてまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

石原元都知事は脳梗塞を患い記憶障害になった??

出典;Wikipedia

 

石原元都知事の証人喚問を見ていてかなり衝撃的な発言がありました。

 

「脳梗塞の後遺症で全ての文字、ひらがなさえ忘れました」

「記憶を引き出そうとしても出ないことが多々ある」

 

え??と耳を疑ってしまいました。

 

衝撃的すぎる…(>_<)

全ての文字、ひらがなさえ忘れたなら、どうして証人喚問に出れるんでしょうね??

石原元都知事は2年前の2015年に脳梗塞を発症し、その後遺症で記憶障害が出てしまったと主張されているようなのです。

 

記憶にないとか、記憶があいまいで覚えていないとか

 

都合の悪いことは全部忘れてしまうのは政治家の得意分野なのかな~と思ってしまいます。

 

稲田防衛大臣といい、政治家の方は記憶障害がある方が多すぎるのではないかと思ってしまいますよね(笑)

 

軽度の脳梗塞と診断されていた過去があった?

2013年に病院で検査を受けた際に「軽い脳梗塞」と診断され、入院していたことがあったようですが、記憶障害を起こすような重大な脳梗塞ではなかったようです。

2015年にも講演中に体調を崩して救急搬送されたという出来事があったようですが、脳梗塞などではなく、「疲労が蓄積していたためによる体調不良」と発表されていたようです。

う~ん。2年前の脳梗塞とは、この体調不良のことを指しているのか…

だとしたら、なぜこのとき脳梗塞と発表しなかったのでしょうか?

腑に落ちないことが多々ありますね…

スポンサードリンク

 

石原元都知事は認知症になってしまったの?

石原元都知事は、豊洲市場の「盛り土問題」で「調査に全面的に協力する」とFAXで言っていたのに、突然ヒアリングを拒否してみたり、発言が二転三転しているのが目立ちますよね。

「覚えていない」

「記憶にない」

を繰り返す石原元都知事。

脳梗塞を発症後、認知症になってしまった可能性もあるのかも知れない…(>_<)

 

確かに、石原元都知事も御年84歳。

かなりいいお年です。

 

ある側面からみたら、そんなおじいちゃんを証人喚問に呼んで質問攻めにするのもどうかのかと思ったりもしますが

 

しかし、豊洲移転には莫大なお金がかかっており、同時に築地の人たちを含めいろんな方面に多大なる迷惑と多大なる費用がかさんでいるのは事実。

責任問題に関して、真実を知りたいという国民の思いには真摯に答えて欲しい気持ちでいっぱいです。

 

おわりに

石原元都知事、実はうちのおじいちゃんと同じ年なんです(笑)

お体にはくれぐれも注意して過ごしてほしいものですね!

 

証人喚問ではやはり、今までのキレがなくなってしまったな~という印象です。

80歳も過ぎるといろいろ体に不具合も出てくると思うので

この豊洲問題がきっかけで体調を崩されたりしないといいなあと思ってしまいます。

ぜひぜひ、記憶を取り戻しキレの良い答弁を今後もしていってほしいですね!

スポンサーリンク