こんにちわ!HAJIMAです!

子供を持つ親として、かなり印象にのこっている事件があります。

あの秋田で起きた自分の実の子供である彩香ちゃんと

近所の子供である豪憲くん、2人の児童の命を奪ってしまった事件。

 

その犯人の名前は畠山鈴香。当時彼女は33歳でした。

 

自分が犯行をしておきながら、他に犯人がいるかのように見せかけるためか

はたまた同情を引きたいだけだったのか

手作りの子供のビラを作成し、周囲に犯人捜しの協力を求めるなど

ゲスな行動をし、メディアの注目を集めていました。

 

当時かなりマスコミをにぎわせていたので

事件についてはご存知の方も多いと思います。

 

あの事件から11年の月日が経ちましたが

 

・現在の畠山鈴香容疑者はどうしているのか

・現在収監されている刑務所はどこか

・事件を起こしてしまった生い立ちはどんなものなのか

・元旦那や家族(父や弟)は現在どうしているのか

・畠山容疑者の寄せ書きの内容とはどんなものなのか

などなど管理人が気になったことをまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

畠山鈴香容疑者の起こした事件の概要とは?

2006年当時、かなりマスコミをにぎわせていたこの事件。

連日のようにTVで放送されていたことと

事件の異様さから、印象に残っている方は多いはず。

あれから11年の月日が経ったので

どんな事件だったか、うろ覚えの方もいると思うので

事件の概要について簡単に書いて行きたいと思います。

 

2006年。秋田県で小学生4年生の畠山彩香ちゃんが自宅から10キロ離れた川で水死体となって発見された 。
警察は、少女が誤って川に落ちたものと判断し、事故死として処理してしまう。

だが、母親である畠山鈴香受刑者は、娘は事故死ではなく殺害されたと主張し、子どもの足取りを尋ねるビラを配るなどしていた。
事件から一ヵ月後、鈴香の自宅から2軒隣に住む小学生1年生米山豪憲くんが下校途中に行方不明になった。
その翌日、豪憲君の遺体が発見され、首を絞められたあとがあったことなどから警察は殺人事件と断定する。
警察は、豪憲君の死体遺棄容疑で、畠山鈴香を逮捕し、その後豪憲君の殺害容疑で再逮捕、さらに、彩香ちゃん殺害容疑でも再逮捕する


この事件により、日本中に激震が走った。

(以下略)

出典:http://www.tbs.co.jp/suitoku/

初めに警察に娘の死は事故によるものと言われていたにも関わらず

わざわざ、自分が手を下しておきながら

何か別の事件に巻き込まれたのだと主張し、自分で作成したビラを配る行動が

かなり異様で、何故このような行動を取ったのか理解に苦しみますね。

 

始めは同情の声も多かったらしいので

周囲から同情による注目を浴びたかったのか

はたまた、自分が疑われないよう、別に犯人がいるように見せかけたかったのか

事件になった場合に支払われる多額の「犯罪被害者給付金」を狙っていた のか

さまざまな理由が推測されますが

 

自分が自分の娘を手にかけておいて、そのような行動をするなんて

かなりのゲスい感じがしますね…

 

しかも、その後さらに自分の犯罪をカモフラージュし

他に犯人がいるよう見せかけるために

近所に住んでいる豪憲君を手にかけ

第二の犯行に及んでしまいます。

 

警察の初動捜査の段階で彩香ちゃんが事故により誤って川に転落した事故ではなく

畠山鈴香による犯行であると断定できていれば

次の被害者である豪憲君の命は助かったろうに…

と思うと本当に気の毒でなりません。

 

事件の動機に関しては現在も明らかになっていないようですが

畠山鈴香が新しい他の男と暮らすようになって、彩香ちゃんが邪魔になった

・父親の看護に疲れ果てておりトラブルもありストレスが溜まっていた

・「犯罪被害者給付金」などの金目当て

などなど色々なことが言われているようですが

 

法廷で発言が二転三転したり

当時の精神状態がおかしかったと話すなど

はっきりした動機に関する証言が得られていないようです。

スポンサードリンク

畠山鈴香の生い立ちや衝撃の寄せ書きの内容とは?

畠山鈴香は小学校高学年になった辺りから

実の父親から殴る蹴るなどの暴力行為を受けていて

中学に入るとさらにひどくなり

髪の毛を掴んで引きずられたこともあったといいます。

 

家族も同じような暴力を受けていたとされ

止めることはできなかったようです

 

 

 

小中学時代もいじめを受けていたと言われ

 

小学校時代に給食を手のひらに乗せて食べされられてこともあり

「ばい菌」というあだ名がついたりしてトイレで洗浄と称して水を掛けられたこともあったそう。

汚なくて臭いというイメージがついてしまったせいで

さらに中学校に入りいじめは加速し無視などを受けるようになったといいます。

そして高校時代もいじめを受け続け

卒業アルバムの寄せ書きには

・もう秋田に帰ってくるな

・いじめられた分強くなったべ、感謝しろ

・やっと離れられる

・秋田から永久追放

などといった書き込みがありました

通常卒業文集には、これからお互い頑張って行こう的な

暖かい言葉が並ぶはずなのですが

ちょっと衝撃的な内容ですよね…

 

もしかしたら畠山鈴香の人格によるものもあったのかも知れませんが

いじめがあったことは確かなのかも知れませんね。

スポンサードリンク

畠山鈴香の父親や弟などの家族は?

幼い頃父親はトラック運転手をしていたとか建設業社長だったとか

色々な噂がありますが

暴力をふるっていた と言われていますが

これも畠山鈴香の言い分なので本当かどうかは分かりません。

 

畠山鈴香にはもいるようですが

事件の影響で職を転々とするハメになったり

いわれのない誹謗中傷を受けたり

犯罪者のような扱いを受けたり

して、大変な目にあっているよう。

 

始めのうちは刑務所に面会などにも行っていたようですが

犯行動機などについて納得できる回答は得られず

判決が出たあとは生活に精一杯ということもあり謁見に行くことも無くなったようです。

 

正直、加害者の家族についても同情の念を禁じえませんね。

加害者によって人生を狂わされたのは家族も同じことですもんね。

 

父親は病気で体調を崩して入院しており、畠山鈴香容疑者が看護をしていたようですが

畠山鈴香が逮捕された翌年の2007年にこの世を去っている ようです。

 

残された弟と母親はは事件のこともあり職が見つからず、

生活保護を受けてひっそりと暮らしている とのこと。

 

虐待されて育った人は、やはり自分の子供にも同じようなことをしてしまうと言われています。

 

だからといって、許される犯罪ではないですし

ましてや豪憲くんを巻き込んでいいはずがありません。

 

もし事件当時まともな精神状態ではなかったにしても

絶対に許されない犯行ですよね。

スポンサードリンク

畠山鈴香の旦那は?

畠山鈴香の旦那については当時ほとんど触れられませんでした。

それもそのはず、すでに離婚し、シングルマザーとして彩香ちゃんを育てていたからです。

 

元旦那とは高校卒業後に知り合い

ほぼ駆け落ち同然で、元旦那を追いかけ栃木県で暮らし始めたそう。

 

いじめられていた過去を知らない別な土地で

温泉旅館で住み込みで働き

そこでのバイト生活は充実したものだったようです。

 

 

その後1995年に畠山鈴香が21歳の時、被害者となった彩香ちゃんを身ごもります。

二人はいわゆるできちゃった結婚をすることとなり、

その後1996年に彩香ちゃんが誕生しました。

 

しかし結婚生活はうまくいかず、なんと5ヶ月でのスピード離婚をしたんだとか。

 

離婚の原因はさまざま言われていますが

畠山鈴香が

・家事をしない

・パチンコ三昧

・夜遊びに明け暮れていた

と言われています。

 

結局彩香ちゃんは畠山鈴香が引き取り育てることになりますが

 

離婚後もさまざまな職を転々とし、パチンコは辞められなかったよう。

パチンコと夜遊びのせいで借金ができ、2003年に自己破産しています。

その後は生活保護で暮らしていたよう。

生活は荒んだもので食事は毎日カップラーメンだったそう。

 

もし本当だとしたら、本当に彩香ちゃんがかわいそうでなりません。

考えるだけで辛すぎますね。

 

畠山鈴香の現在や刑務所は?

2009年に仙台高等裁判所秋田支部で地裁が下した無期懲役刑が確定。

刑務所で過ごすこととなった畠山鈴香ですが

収監されている刑務所は実は明らかになっていないのです。

 

しかし女性であることや無期懲役で長期の刑であることから

福島県福島市にある福島刑務所の下部機関であり

女子受刑者のみが収容されている

福島刑務支所

ではないかと言われています。

 

現在刑務所ではいったいどのような思いを抱きながら生活しているのでしょうね?

 

そして現在も豪憲君を失った家族の悲しみは消えることはありません。

もし管理人も自分の子供がそんな目にあったら

絶対に許すことは出来ないし

犯人にも同じような目に遭わせてやりたいと思ってしまいます。

 

この事件動機や真相が明らかになり

このような事件が二度と起きないよう祈らずにはいられません。

スポンサーリンク