こんばんわ!HAJIMAです!

何やらとても悲しいニュースが飛び込んできましたね!

神奈川県川崎市にある私立大師幼稚園(だいしようちえん)で

2017年6月に入ってから同じクラスに通っていた園児が

相次いで病死していたという事実が発覚しています。

 

何やら感染症の疑いということですが

一体何があったんでしょう?

 

子供さんを亡くされたご家族は深い悲しみに包まれて

とても辛い思いをされていることと思います。

 

管理人も子供が居るので、自分の子供がもし同じような状況で

命を落としてしまったらと考えると胸が締め付けられるような気持ちがしてしまいます。

 

しかし、もしなんらかの感染症だった場合は

同じ幼稚園に通っている親御さんや

近所にお住いの方々も、一体何が起こっているのか

何の感染症なのか

はたまた別な原因があるのか

心配で気になってしまいますよね。

 

ちまたでは感染症は劇症型心筋炎ではないかと言われているようですが

果たしてその噂は本当なのか

 

残念ながら亡くなってしまった子供さんたちに何があったのか

 

調査してみたいと思います。

スポンサードリンク

大師幼稚園で起こった感染症騒動とは?

神奈川県川崎市にある大師幼稚園

2017年の6月に入ってから、相次いで同じクラスの児童2人が

病気で亡くなるという自体が発生しています。

 

この園児たちは二人とも4歳で、それぞれ男の子と女の子。

2017年6月6日に一人目の女の子が高熱を出して

吐いたりして苦しがったあとに状態が急変して突然亡くなってしまったんだそう。

 

その6日後に同じクラスに通っていた同級生の男の子が

同じように高熱を出し、通常の咳やだるさなどの風邪のような症状が出たあとに

突然痙攣をおこしてしまい容態が急変し同じように亡くなってしまったということがありました。

 

いったい全体この短期間に何があったのでしょう…

 

亡くなってしまった子供さんの親御さんはもちろんですが

 

同じクラスに通っている子供さんや親御さんも

心配があるとともに、かなりショックが大きいでしょうね…

 

園児たちの心のケアなんかも気になります。

 

同じクラスで短期間に起こった出来事ということで

何らかの感染症の疑いがあるということで

国立感染症研究所が検査を行い、原因について調査している最中のようです。

 

ちなみに大師幼稚園では明らかな感染症が流行っているということはなく

他の子供さんや親御さんで同じような症状が出ているということはないことから

空気感染などで感染するような病気ではないようです。

 

スポンサードリンク

大師幼稚園の感染症は劇症型心筋炎なの?

大師幼稚園で相次いで2人の同じクラスに通っている園児が

同じような発熱を出して亡くなったことから

感染症が疑われているようですが

 

まだ感染症が原因と決まったわけではなく

国立環境研究所が現在詳しく調査中ということです。

 

しかしTwitterなどのSNS上では

感染症は「劇症型心筋症炎」によるものではないか

という噂が広まっているようです。

一体劇症型心筋炎とはどんな病気なのか

簡単にまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

劇症型心筋炎の原因や症状は?

劇症型心筋炎は通常と同じような風邪の症状から始まります。

つまり発熱や吐き気、嘔吐などの消化器症状などです。

 

しかしそこからいきなり状態が急変し、感染性のショックを起こしたり

重症の心不全を引き起こしたりすることがある

とっても恐ろしい病気なのです。

 

原因はウイルスによるもので、そのウイルスは風邪のときと

同じようなウイルスなんだそう。

 

そのウイルスに心臓を動かしている筋肉が感染してしまうことで

発症してしまう病気です。

 

心臓を動かしている筋肉にウイルスが感染してしまうと

心臓が正常に動かなくなり

急激な不整脈や心不全、呼吸困難を引き起こしてしまう

とても恐ろしい病気です。

 

ただの風邪だと思って様子をみていたら

あれよあれよという間に容態が急変し死に至ってしまうなんてこと信じられませんよね…

 

今回の大師幼稚園の児童の症状を聞く限りでは

この劇症型心筋炎の症状にかなり当てはまっているような感じがします。

 

この劇症型心筋炎はかなり急激に病状が悪化してしまうため

致死率が高く、救命が出来ないことが多かったようですが

人工心臓などの心肺補助循環装置を使用することで、救命率は上がってきているそうです。

 

しかし心臓の筋肉は他の臓器とは違い

ダメージを受けても再生することができません。

そしてウイルスに対しての治療が難しいため

根本的な治療が難しい状況にあります。

 

炎症により心筋に不可逆的なダメージを受けてしまうため

もし一命をとりとめても、後遺症が残ってしまうことが多いんだそう。

 

風邪のウイルスはそこら中にいるので

完全に発症を防ぐということは難しいようですね…

 

とにかく何かがおかしいと思ったら

自己判断で様子を見ないで

すぐに救急病院を受診することが大切のようです。

 

終わりに

今回残念ながら亡くなってしまった園児の方はまだ4歳

親御さんの気持ちを思うと本当に胸が苦しいです。

まだ劇症型心筋炎心筋炎が原因と決まったわけではないですし

原因が分かったからといって、園児たちが帰ってくるわけではないのですが

原因を究明して二度とこのような悲劇が起きないように

調査してもらいたいな~と思います。

 

亡くなってしまった園児ちゃんたちが天国で安らかに過ごせていますように…。

スポンサーリンク