こんにちわ!HAJIMAです!

近年は「腸活」という言葉がとっても流行っていて

腸にいいと言われる乳酸菌飲料や乳酸菌入りのチョコなど

さまざまな商品が出てきています。

 

それというのも、腸は意外と軽視されがちですが

第二の脳とも言われるくらい、かなり重要な臓器。

 

体で作られる免疫細胞のうち約60%が腸で作られていると言われるほど

とっても重要な役割を担っているんですね。

 

腸の機能が低下することはすなわち、免疫機能が低下することにつながってしまいます。

 

免疫機能が低下すると、風邪などの感染症にかかりやすくなるだけでなく

最近芸能人が多くかかっている「がん」などの重篤な病気を引き起こしやすくなると言われています。

 

とっても恐ろしいですよね!

 

そんなとってもとっても大事な役割を担っている「腸」ですが

最近「腸漏れ」すなわち「リーキーガット症候群」と呼ばれる、

とっても怖い腸の異常になる方が増えているんだそう。

 

その恐ろしい「腸漏れ」とは一体何なのかご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

腸漏れ(リーキーガット症候群)って?

基本的に口から入ってきた食べ物は胃で吸収しやすい形に消化し溶かされたあとに

小腸、大腸によって消化吸収されます。

 

小腸は上記の図のように十二指腸、空腸、回腸、虫垂に分かれ

大腸は上行結腸、横行結腸、下行結腸に分かれています。

 

小腸の十二指腸からは胆液や膵液が、空腸からは腸液が出て

胃で消化しきれなかった食べ物をさらに吸収しやすい形に分解します。

 

小腸の壁には「絨毛」があり、その絨毛で口から取り入れ、十分に消化を行った栄養分を

吸収して体の中に取り込みます。

 

大腸では主に栄養分が吸収されたあとに残った水分などを再吸収することになります。

 

このようにして、私たちが食べた食べ物の消化吸収の9割は小腸で行われていると言われています。

 

もちろん、このときに体に吸収したくない老廃物や有害物質の毒素も含まれているため(添加物など)

これらを吸収しないように、腸の粘膜にはフィルターのようなしくみがちゃんと備わっています。

 

しかしなんらかの原因によってこの腸の粘膜のフィルターが壊れてしまい

腸にいわゆる「穴があいた」ような状態になってしまい

体にとって不要であり有害な物質まで吸収してしまい

そのことが原因で体にさまざまな良くない症状が出てきてしまうのです。

 

この「腸漏れ」は「リーキーガット症候群」ともいい

「腸管壁浸漏症候群」と言われることもあります。

 

初期の場合は、あまり症状が乏しいものの

  • 食物アレルギー
  • アトピー
  • 喘息
  • 肥満
  • 脳梗塞
  • 糖尿病

などなど「腸漏れ」が引き金となりさまざまな病気を引き起こしてしまうことがあります。

とっても恐ろしいですよね~(>_<)

スポンサードリンク

腸漏れの原因は?

この恐ろしい「腸漏れ」を引き起こしてしまう原因とは一体何なのでしょうか?

それにはいくつか原因があると言われています。

 

乱れた食生活による腸内環境の悪化

食生活が不規則だったり、暴飲暴食を繰り返したり、

インスタント食品を摂り過ぎたりや外食ばかりしていたりなど

規則正しく、十分な栄養が取れないような食生活をしていると

腸内環境が悪化してしまいます。

 

腸内の善玉菌が減り、悪玉菌が増えてしまうと

腸内フローラという腸内の細菌のバランスが崩れてしまい

腸内環境が悪化してしまいます。

 

また食物繊維やお腹にいい乳酸菌などを意識して摂っていないことも

腸内環境の悪化につながることがあります。

 

米よりも小麦食品などのパンばかり摂取していると

小麦食品に多く含まれているグルテンにより腸内環境が乱れてしまうこともあります。

 

また食品添加物などが多く含まれている食品も

消化が悪く、胃腸に負担を与えてしまうことになります。

 

アルコールを大量に摂取したり、日常的に飲む機会が多かったり

カフェインなどの刺激の強い物も、腸の炎症につながる一因になったりします。

 

薬に頼り過ぎてしまう

抗生物質などを多用したり、長期に服用していると、腸内の善玉菌も死滅してしまい

腸内環境の悪化につながります

 

また長期的なピル使用やステロイドなどを頻繁に使っていることも腸漏れの一因になったりします。

 

ストレスや睡眠不足

会社などでのストレスが発散できず、緊張状態が続いてしまっていると

自律神経のバランスを崩してしまい、自律神経失調症となり

体のさまざまな面に悪影響を及ぼします。

 

ストレスにより不眠になったりすると、さらに免疫機能が低下し

腸内環境の悪化や炎症を起こしやすくなってしまいます。

 

とにかく腸内が慢性的に炎症を起こしてしまうことで

腸壁が脆く、傷付きやすくなってしまい、最終的に穴があいてしまうことになってしまう

原因となってしまうということですね。

スポンサードリンク

腸漏れの予防方法や改善方法、治療は?

腸漏れ、リーキーガット症候群を予防する方法はあるのでしょうか?

またもし万が一リーキーガット症候群かも??と思ったら改善する方法はあるのでしょうか?

 

上記の腸漏れの原因で述べた通り

リーキーガット症候群の予防方法や改善、治療方法は

起きてしまった症状に対して、対処するよりも

腸漏れを引き起こさないよう、これ以上悪化させずに

腸漏れの原因を根本的に改善していくということが必要となっています。

 

そのためには

腸内フローラを整え、腸内環境を改善させる

ことがキーになってきます。

 

そのためには

  • 食生活の改善
  • 生活習慣の改善

が大事になってきます。

生活習慣の改善

夜遅くまで起きていたり不規則な生活をしている場合は

なるべく早く休めるように生活を整えていく必要があります。

 

ストレスの多い生活をしている場合は、なるべくストレスをため込まないように

定期的にストレスを発散する機会を作ることが必要です。

 

ストレスをため込みすぎたり、不規則な生活が続くと

自律神経が乱れてしまうため

規則的な生活をすることで自律神経を整えていく必要があります。

 

また日々の生活に運動を取り入れていくことも

生活習慣の改善につながりますね

 

食生活の改善

食生活では、腸内環境を整えるような食事を意識して摂って行くことが必要です。

食物繊維が多い食品や、善玉菌を増やすようなオリゴ糖

善玉菌をたくさん含んでいる乳酸菌食品を多く摂取するように心がけることが必要です。

 

腸内環境を改善するためにはとにかく腸内フローラを改善させることが大事なので

今までの食生活を見直し、バランスの良い食事を摂っていくことも必要になってきます。

 

腸まで届く乳酸菌サプリなんかを摂取していくことも効果的かもしれませんね。

スポンサードリンク

腸壁を修復できる食べ物はある?

腸漏れを防ぐには、上記の予防行動や改善のための生活習慣の改善が必要ですが

もし、リーキーガット症候群になってしまった場合は

慢性的な炎症を改善し、腸壁を修復していくことが必要です。

 

直接的に腸壁を修復するという食べ物はないのですが

オメガ3系の脂肪酸などは炎症を抑える効果があると言われています。

 

お酢に多く含まれている短鎖脂肪酸は腸内環境を改善する効果があります。

りんご酢や、バルサミコ酢に短鎖脂肪酸が多く含まれているようですが

その他のお酢を摂取することでも効果があるようです。

 

 

また腸内環境を改善するような食べ物である

食物繊維の多い、バナナやイモ類

ヨーグルトなどの善玉菌が多く含まれているような乳酸菌食品

を意識して摂って行くことが

腸内環境を改善し、腸内の炎症を抑え

腸壁を修復していくことにつながると言われています。

 

とにかく日々に食生活がとても大切になってくるという事ですね。

スポンサードリンク

HAJIまとめ

今回「腸漏れ」について「たけしの家庭の医学」で特集されていたのですが

腸漏れについての血液検査を20人にした結果、18人もの方が

なんからの腸漏れの兆候があるという結果が出ていてとても驚きました。

 

それだけ、知らず知らずのうちに腸漏れを起こしている方が多いということですね。

 

しかも、糖尿病やがん、脳梗塞など命に関わる病も引き起こしてしまう可能性もあるということで

とっても恐ろしいな~と思いました。

 

管理人も、少しずつ毎日を生活を見直し

自分の腸と向き合ってみたいと思います。

 

ここまで読んで下さりありがとうございました!

スポンサーリンク