こんにちわ!HAJIMAです。

1970年代に歌手や女優として活躍したあべ静江さん。

最近はメディアへの露出が少なくなり現在何をされているか気になっている方も多いはず。

そんなあべ静江さんが「スマホ依存症」にかかっていることをバイキングで告白しました。

果たしてスマホ依存症とは何なのか。

 

最近はSNSが大分普及し、LINEやFacebook、インスタグラムなどを常にチェックしている方も多いはず。

そのようなSNSの影響もあり、近年スマホ依存症になる若者が増えているのだとか。

また高齢者であっても、周囲に家族がおらず一人暮らしなどをしている孤独から、スマホ依存症になってしまう高齢者もいるのだとか。

そんなスマホ依存症の現実についてあべ静江さんが語ってくれます。

 

あべ静江さんのスマホ依存症とは?

あべ静江さんはスマホ、ガラケー、タブレットを4台所有し、それらを同時に使いこなすスマホ依存症なんだとか。

電池が無くなるのが恐怖で、充電器、モバイルバッテリーを常に持ち歩いているらしいですよ

しかも両手で同時に3台くらい操作するらしいですよ。

ガラケーなんて必要なの?と思ってしまいますが、文字の大きさなどの関係で、メールを打ったりするのに重宝しているそう。

 

またスマホは検索用、タブレットは写真を見たり動画をみたり、書類を確認したりする用と使い分けているそう。

 

そしてDSやPSPなど携帯ゲーム機もたくさん所有しているらしいですよ。

 

あべ静江さんは 朝起きてから寝る直前までスマホを手放せず、ベッドの中でもスマホを見ながらじゃないと眠れない そう。

う~んここまで来ると確かに完全な依存症って感じですよね。

 

スマホ依存症の症状とは?

①寝る直前までスマホをみないと気が済まない

②他人と会話中でも気になってスマホを見てしまう

③他人のスマホがなったときに自分のスマホがなったのではないかと気になってをみてしまう

これらに当てはまるとスマホ依存症の疑いがあるそうですよ。

管理人もドキッとするところがありました💦

 

スマホ依存症の危険性

  • 肩こり、腰痛
  • スマホ肩、いわゆるストレートネックになりやすい
  • うつ病や自律神経失調症などの症状をきたすことがある。

重症になると禁断症状になることもあるんだそう。

スマホを隠された女子高校生が両親に危害を加えるというった事件も起きているんだとか。

 

スマホ制限アプリ「Forest」というものがあり、スマホを触らないでいる間だけ木が成長して、スマホを触ると枯れてしまうというアプリもあるそうですよ!

 

あべ静江さんのスマホ依存症はダイエットにも関係がある?

あべ静江さんは、デビュー当時は48㎏だったそう。

 

お酒好き、食べるのがとにかく大好きでそれが高じて48歳のときには53Kgに増加してしまったそう。

 

あべ静江さんで検索すると「激太り」というワードがでてくるのはそのため です(笑)

 

その後、49歳で42㎏まで減量に成功し

「あら、やせちゃった」というダイエット本も出版していたそうですよ。

 

現在あべ静江さんは65歳になるそうですが、現在の体重は秘密だそうです(笑)

小太りのバービーちゃん と自分を評していました。

それを聞いていた黒沢年男さんが大ウケしていましたが。

 

スマホ依存症があると、意思が弱くなってしまうことや何かを食べながらスマホをいじってしまったりしてしまうため、ダイエットに失敗してしまう率が高まるそう。

管理人も耳が痛い言葉ですが、スマホ依存症の弊害はこんなところにもあるんですね。

 

終わりに

スマホ依存症の症状を見ると、大半の若者が当てはまってしまうのでは?と思ってしまいます。

LINEなんて既読ボタンがついてしまいますから、早く返信しなくてはいけないという思いもあり、あべ静江さんのように朝起きてから夜寝るまでずっとスマホをいじってしまうという若者も多いですよね。

スマホ依存症になるといろいろな弊害が出てしまうので、気を付けていきたいですね。

 

スポンサーリンク